私たちについて

はじめに

日本で商用インターネットの普及がはじまって20年以上が経ちました。インターネットにアクセスする方法といえば1990年代はデスクトップやノートパソコンが主でしたが、2000年代はこれに携帯電話・スマートフォンが加わり、2010年代はあらゆる人々がスマートフォンやタブレット、ゲーム機などのデバイスで、どこでも手軽にインターネットにアクセスし、発信もできる時代になりました。
時代によって機器の性能は上がり、その方法は多様化しましたが、インターネットは現在も個人・組織・企業が商用非商用問わずさまざまな情報を発信・収集するためのツールであることに変わりはありません。

グライドアーツスタジオは1997年に創業し、熊本県を拠点に活動しているウェブ制作会社です。これまで20年以上に渡り、常にクライアントの想像を超える成果物と効果を目指し、その時代に合った技術を用いて 「そのクライアントだからできる」 表現・演出に挑戦してきました。近年ではウェブサイトの制作・運営に限らずビジュアル表現におけるブランディングも行っています。

ウェブサイトはユーザーと企業との接点となる場です。クライアントが気づいていない良さや、価値。私たちはこれらを等身大で伝えることをポリシーとし、論理的な裏付けを元に、「理由は分からないけど、なにか良い」と感じられるようなデザインを心がけています。

得意な分野

私たちは創業以来、少数精鋭のチームで企画から制作、公開後の運用まで社内でワンストップで行っています。また、直接クライアントから指名をうけ、ヒアリングを行い、ゼロから携わる仕事を基本としております。

市場における流行やユーザーの嗜好の変遷、インターネット上に展開される様々なサービスや競合、制作における技術的変化など、ユーザーやクライアントを取り巻く環境は常に変化しています。アプローチは年々複雑化し、専門的になりました。私たちはこれまでの経験により培ったノウハウを駆使し、組織が求めている事と、その顧客が求めている事。それらの満足度に焦点を定め、体験から醸成される企業価値(ブランド価値)の形成をサポートするための戦略・施策をご提案します。

ウェブサイトの企画・制作
クライアントの要望を元にウェブサイトの新規立ち上げに伴う企画から開発・制作のすべてを行います。また、既存のウェブサイトのリニューアルでは現状のウェブサイトが抱える問題点、改善点を洗い出し問題の解決のための施策をご提案します。
インターネットでのマーケティング戦略の立案・実施
各種SNSでのプロモーション、リスティング広告出稿と管理、ショッピングサイトの運用管理、データ分析とレポート、ドメインからサーバー運用とサポート、これらで成果を上げるためのご提案・コンサルティング等を行っています。
ブランディング
組織・商品・サービスをひとつの「ブランド」として認知してもらうには、ユーザーが体験して得た信頼や共感といったポジティブなイメージの蓄積によって差別化されそれが「ブランド」として認知されていきます。グライドアーツスタジオはブランディング対象とユーザーとの接点を目に見えるかたちにし、ブランド醸成の取り組みのサポートを行います。

事業内容の詳細については各ページをご覧ください。私たちのこれまでの仕事のページも是非ご覧ください。

掲載図書・記事

書籍
『いちばんよくわかる Webデザインの基本』
2017 / SB Creative
書籍
『ウェブデザイン&配色の見本帳』
2014 / エムディエヌコーポレーション
書籍
『K-ADC AWARD 2014』
2014 / Kyushu Art Directors Club.
書籍
『K-ADC AWARD 2013』
2013 / Kyushu Art Directors Club.
雑誌・寄稿
『WebDesigning』
2013 / 特集 GIFアニメ再起動!!!!! / 株式会社マイナビ
書籍/賞
『K-ADC AWARD 2012』
2012 / Silver / Kyushu Art Directors Club.
書籍
『オンラインショップのレイアウト』
2012 / 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
書籍
『ウェブサイトのレイアウト 業種別デザインテクニック』
2009 / 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社

会社概要

社名
株式会社グライドアーツスタジオ
Glide Arts Studio Inc.
設立
1997年6月6日
資本金
10,000,000円
所在地
〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江3丁目7-2 エビスビル2F Google Maps
代表者
代表取締役 馬場 広成
従業員数
6名
事業内容
  1. ウェブサイトの企画・提案・制作とそれに伴う撮影の実施
  2. 電子商取引におけるマーケティング戦略の立案・プロモーションと実施
  3. システム・データベースの開発・構築
  4. 企業・事業・商品のブランド開発及びデザイン

先頭へ